こんな症状が見られたらうつの手前かも知れません

サイトメニュー

心の病は早期に治療

居眠り 休日に何もできない、やる気がでないといった症状が出ている人は、心の病に掛かってしまっている可能性があります。早期に心療内科や精神科に通院して、カウンセリングや薬の処方を受けて治療を始めたほうが良いでしょう。

詳しく見る

症状を感じるとき

カウンセリング 精神的な症状が現れることで、休日に何もできないなどの現実を体験することがありますが、さらに苦しむ状態をまねいてしまいます。もしもうつ状態ならば、心療内科へ診察を受けに行って、治すための努力をすることが必要です。

詳しく見る

休みが楽しめない

女性 平日は忙しくしている人も休日を楽しみにしている人は多いものです。ところが、いざ休みとなると何もできない、という人は少なくありません。心の不調が原因している可能性もありますので長期に不調が続いている場合は医療機関への相談も考えてみましょう。

詳しく見る

やる気がないと感じたら

悩む成人女性 うつ病などの心の病気の症状は人それぞれですが、これまで持っていたやる気が無くなって、休日に何もできない状態になることもあります。もし、そういった症状を感じる様になった場合には、気兼ねすることなく医療機関を活用したほうが良いです。

詳しく見る

まずは医療機関を受診

悩む女性 休日に何もできない不安を払拭するには、医療機関を受診することが大事です。しかし、電話相談をはじめ、手軽にそれ以上悪くしない予防法だけでもアドバイスしてくれます。注目される治療法となる自然エネルギーについても、情報収集ができます。

詳しく見る

早めに医師等に相談しよう

女性

自分でできる対処法も試してみよう

せっかくの休日だけど朝起きると同時にけだるい感じがして、結局何もできないまま1日が終わってしまったという事がよくあるという人はいませんでしょうか。これは単に身体が疲れているだけでなく、うつ病の1歩手前の状態かもしれません。うつ病等を疑う症状の特徴としては、元々その日は何もしたくないという訳でなく、いろいろとやりたい事があったはずなのに何もできないという事です。激務が続き身体的に体が動かない、精神的に辛いことが続き仕事等で他者と接している時は何とか気持ちが切れないようにしていたが、1人になってその緊張の糸がぷつんと切れてしまった等その人の状況によって症状は様々です。人によりきっかけは様々ですが、休日何もできないという人に共通する特徴として、以前に比べ悲しい、不快だという感情を持ちやすくなったという点があります。また、単発で何もできない休日があるという訳でなく、慢性的に休日になると先述のような症状が出てしまうという特徴もあります。このような特徴が見られる場合はうつ病等の精神疾患の可能性も高いので、早めの対処が必要になります。

こうした休日何もできない状況が続く場合には疲れているだけだと放置せず、何らかの対処をする必要があります。まずは、病院の精神科等、専門家に相談する方法です。ただ、病院は土日が休診の場合も多く、平日が休みの職業等でも休日何もできない状況で電車や車等で通院するのは苦痛を感じてしまう可能性も高いでしょう。そのような事が無いように、仕事が終わってから気持ちが保てている内に通える医院を探してそこに通うようにすると良いでしょう。また、気持ちの持ちようという事も非常に大事になってきます。何もできないのではなく、敢えて何もしないんだという気持ちでいると少し気が楽になり、症状が改善する可能性もあります。その他、毎日の行動を敢えてゆっくりと行うという事も気持ちをリラックスさせられる可能性があります。お風呂に長めに入る、食事をゆっくりととる、顔をしっかりと洗う等の何気ない行動をゆっくり丁寧に行ってみるのも良いでしょう。様々な手段を使い、うつ病等に発展してしまわないようにしましょう。

Copyright© 2019 こんな症状が見られたらうつの手前かも知れません All Rights Reserved.