こんな症状が見られたらうつの手前かも知れません

サイトメニュー

心の病は早期に治療

居眠り

やる気が出ないなどの症状が出たら注意

うつ病などの心の病には様々な症状があり、人それぞれ症状には違いがあるので、ちょっとした変化には気を付けることが重要となります。心身に現れる変化としては、頭痛やめまい、腹痛等があり、動悸や倦怠感などもうつ病などの症状として現れることがあります。また、仕事や趣味などに対してのやる気が無くなってしまうといった症状も現れることがあるので、仕事のやる気が出なくなったり、趣味が楽しくなくなってしまったときは要注意です。休日に楽しいことを何もできないといった状態になってしまっている場合には、心に大きなストレスが掛かっていることが考えられます。これまで心から楽しむことが出来た、自分の趣味が全く楽しいと感じることが出来なくなり、休日もただ何もできないで寝ているだけという状況は危険と言えます。そのまま我慢してつらい仕事を続けていても、症状がどんどんと悪くなってしまうことが考えられるので、早めに心療内科や精神科に見てもらったほうが良いでしょう。大きな会社に勤めている人は、社内の産業カウンセラーなどに相談することも有効となるでしょう。

日々の仕事の疲れが原因で、休日に何もできないという場合、どんどんと心にストレスが溜まってしまい、最後はうつ病などの心の病気は発症してしまうことになります。仕事に対しての意欲や趣味を楽しむ余裕がなくなってしまった人は、すぐに心療内科などに見てもらうことが肝心です。心療内科や精神科では、症状に応じてカウンセリングを実施して、薬を処方してくれるので、徐々に症状を治していくことが出来ます。処方される薬の量なども症状の重さに応じて変えてくれるので、症状が重い人でも通院をしたほうが良いでしょう。心の病の原因としては、仕事のストレスや人間関係のストレスなどが考えられますが、じっくりと愚痴を聴いてくれる人が身近にいる人は、話を聴いてもらったほうが良いでしょう。もし身近に仕事の話をすることが出来る人がいないという場合には、電話で利用することができる無料の相談窓口を活用するのも良いでしょう。心の問題などをじっくりと聴いてくれるので、休日何もできないと苦しんでいる人は、仕事であった嫌なことの話を聴いてもらえます。

Copyright© 2019 こんな症状が見られたらうつの手前かも知れません All Rights Reserved.