こんな症状が見られたらうつの手前かも知れません

サイトメニュー

症状を感じるとき

カウンセリング

精神疾患の弊害とは

精神的な症状が現れると、やる気がなくなり休日に何もできないことがあり、日常生活に大きな支障をきたします。お掃除や洗濯だけでなく、食事の準備をしたり外へ買い物に出かけることも困難になり、一日があっという間に過ぎてしまいます。家族から注意されても自分ではどうしようもなくなり、一人暮らしならば生活が乱れてしまい、仕事に集中することも困難になります。はたから見れば、人間らしくないだらしない生活態度ですが、休日にしたいことがあっても何もできないことは、当事者をさらに苦しくします。また、他人とのコミュニケーションも普通にできなくなりますから、完全に自分一人の考えだけで苦しむ状態が続きます。休日を有意義に過ごすことは、誰もが望んでいますが、体を動かしたり頭を使うこと全般ができないことは、さらに精神をむしばんでしまいます。それらの症状を把握して、見守る人がいれば安心して病気を治すことも可能ですが、一人きりで生活を続けることは高いリスクを伴うことがあります。

体が悪いわけではないのに、休日に何もできないことが続いたなら、心療内科へ診察を受けに行って診断をしてもらう必要があります。うつ病などの精神疾患ならば、薬を処方してもらいしばらくは安静に過ごすことで、改善する場合があります。精神科医のカウンセリングを受ければ、客観的に症状が分かりますから、自分をムリに追い込む必要はなくなります。何もできない休日でも、精神疾患を治すための時間と考えれば、割りきって休養を取ることが叶います。うつ状態ならば、新しいことにチャレンジしたりせず、清潔な室内で食事を取りゆったりと過ごすことが大切です。また、場合によっては、病院に入院をして治療することも効果がありますし、朝起きて夜に寝るなどの、日常生活の基本をしっかりと保つと良いでしょう。具合が悪いときには、ムリをすると悪化しますから、世の中からの刺激を避けて生活をすることが必要です。自分と相性の良い精神科医を見つけて、しっかりと治療することを続ければ、短期間で改善することも可能です。

Copyright© 2019 こんな症状が見られたらうつの手前かも知れません All Rights Reserved.